施工車ギャラリー
完成写真をクリックしていただくと、拡大表示でご覧いただけます。

No.

完成写真

説明

31

日産 フェアレディZ (アークバリア21 施工)

カラーNo:KH3のスーパーブラックは、一般の方の手入れ/管理は非常に難しい塗装です。プロによるアフター管理がしっかりしていると安心できます。

32

アンフィニ RX-8 (アークバリア21 施工)
ディーラー系コーティングを新車購入時に施工され、保障期間が終了した為、今回アークバリア21を指定されました。下地処理にて復元した塗装状態は、まさに新車同様の状態でした。

33

メルセデスベンツ C200 コンプレッサーステーションワゴン (アークバリア21+ホイールコーティング 施工)
新車施工という事で同時にアルミホイールへの施工もご依頼されました。外資系は特にアルミホイールコーティングは効果を実感して頂けるはずです。

34

メルセデスベンツ E320 ツーリングワゴン (アークバリア21 施工)
下地処理からの施工でホワイト系が入庫したのは久しぶりでした。徹底的に4工程にて整え、施工に至りました。とても納得のいく仕上がりで、お客様にも大満足でした。

35

トヨタ ランドクルーザー (アークバリア21+カーフィルム 施工)
カラーNo:202の新車施工はブラックミラーのような艶々感に仕上がります。水を張ったような状態が永年維持できますよう、アフターフォローさせて頂きます。

36

マツダ プレマシー (アークバリア21 施工)
日頃、奥様が使用され、お子様もまだ小さいという事で、メンテナンス洗車もお約束いただけました。責任を持って美車をお守りいたします。

37

ホンダ S-2000 (アークバリア21 施工)
愛車へのこだわりが車両状態やお話の中で伝わってきました。アフターフォローやメンテナンスキットも充実しております。是非ご活用ください。

38

日産 スカイライン GT-R (アークバリア21施工)
リヤウィング、フロントグリル周辺脱着など、可能な限り機械を使用しての研磨下地処理を求めます。仕上がり具合のみならず、アークバリア21自体の定着も変わる為です。

39

日産 セレナ (アークバリア21 施工)
カラーNo:KH3のスーパーブラックの塗装車で、屋外管理という事で、定期的なメンテナンスは愛車うぃ守る為には必要不可欠です。不具合が起こる前に確実なメンテナンスをお勧め致しました。

40

マツダ アテンザ (アークバリア21 施工)
新型アテンザはヨーロピアンなデザインで流線型のシルエットがアークバリア21の施工で沙汰に引き立ちました。淡色系ですが施工前/施工後の違いは一目瞭然でした。