最新のボディガラスコーティング、アークバリア21をはじめ、カーディティリング業務、自動車用ガラス関連、自動車メンテナンス、自動車販売など、お客様のお車に関する様々なサポートをさせていただいております。プロの技術をぜひ1度お試しください。



外装コーティング




 「アークバリア21」は、薄いガラスの被膜でボディーを包む画期的なボディーコーティング。
 他のボディーコーティング剤には必ず含まれる有機物を一切含まない完全無機質なガラス被膜で車を被うため、長期間に渡り高い光沢・保護効果を保ちます。

 従来のボディコーティングは光沢に重点を置き、本来の保護剤のメリットが少ないものが多いのと比較して、「アークバリア21」は光沢・仕上がり・保護効果と持続性等に条件を満たす全く新しいボディガラスコーティングです。

G.Guard G.Guard

「G.Guard」
はシリアルガラスの形成に必要な成分以外の不純物を含まないガラスコートです。

「G.Guard」
をボディ塗装に塗ることでシリアルガラスという非常に薄いガラス浸透膜を作り、ボディの汚れ・水垢等を付着しにくくします。
また、錆を防ぎ、付着した汚れ等も簡単に落ちるようになります。
このガラス浸透膜は、紫外線に強く超耐久性を発揮するとともに、約700度程度の熱に耐えられ、不燃性・耐酸性・耐透水性・耐汚染性・防錆性に優れています。